2017年09月

弊社が行うエアコン徹底洗浄とは?

 

エアコン徹底洗浄とは、お客様宅のエアコン内機を取り外して、専門工場に持って帰ってから分解クリーニングを行うことです。

作業の流れ

1、お客様宅から取り外したエアコンを専門工場に持ち帰ってまずは分解致します。

2、そして、各部品を特殊な洗浄液に浸して、カビや細かい汚れなどの臭いの元を分解します。

これにより細かい汚れは、エアコンから浮き上がって、剥がれやすい状態になります。

3、洗浄液から取り出して、強力な水圧で洗い流します。これにより細かい部分に入り込んだゴミや、放熱板の目詰まりをスッキリ吹き飛ばします。

4、カビはわずかな水分でも繁殖してしまいます。きれいに洗浄した後は、完全に乾ききるまで、しっかり乾燥させます。十分に乾燥出来ない従来のエアコンクリーニングとは全く違います。

従来のエアコンクリーニングではなかなか汚れが落ちないドレンパン内もキレイになるため、弊社では徹底洗浄をお勧め致しております。

天カセ(店舗等でよくある天井に埋め込まれているエアコン)もエアコンクリーニング致しますのでご相談下さい。

天カセは、そのまま設置されてる状態でのクリーニングになります。(持って帰りません)

天カセエアコン 工事料金 35000円+税になります。取り付け環境によっては追加料金が発生する場合もございます。

壁掛けエアコン 工事料金 11000円+税になります。取り付けの環境によっては追加工事が発生する場合もあります。

申し訳ございませんが、お掃除ロボットの付いているエアコンは、お断りさせて頂いております。

 

台風被害!!

 

台風凄かったですね。

雨が凄かったので、雨漏りをしてから漏電する所が多くありました。

弊社が漏電調査にお伺いした時の写真です。

これは店舗内の照明器具の写真になります。

このお店は、営業中に漏電ブレーカーが作動して、電気がすべて落ちたそうです。

お店様より依頼が有りましたので、弊社がお伺いする前に、下記の事をして頂きました。

漏電ブレーカーが作動したら、まず全ての小さなブレーカーを切ってから、再度漏電ブレーカーを入れます。

その後1つずつ小さなブレーカーを入れます。

すると悪いブレーカーを入れると再度漏電ブレーカーが落ちてしまいますので、そのブレーカーは入れずに、それ以外のブレーカーを入れます。

お店様にこの作業をして頂きお伺いした所、悪いブレーカーを確認したら絶縁抵抗の数値が0でした(漏電を調べる時に使用する機器になります)

この0の数値だと確実に漏電ブレーカーは、作動します。

よくある事例として、大体漏電は、外部の照明器具等が悪くなったりして漏電する事が有りますが、今回は、外部では無く内部の照明器具でした。

雨漏りをしてから電線を伝って照明器具の内部に水が入ってしまって、ショートした様でした。

故障してた照明器具の場所が受付の上だった為、この照明器具を取り外して、すぐに新しい照明器具を取り付けました。

特殊な器具ではなかったので、すぐに対応出来て良かったです。

 

 

 

 

 

 

BSアンテナ取付けしました!!

 

BSアンテナを取り付け致しました。

コンクリート手摺用の金具で取り付けさせて頂きました。

アンテナの配線は、隙間ケーブルを使用して宅内に引き込みをさせて頂きました。

マンションの最上階でしたので、取り付け時緊張しました。